川上農園の紹介

HOME > 川上農園の紹介

小見出し

農作業と土いじりに憧れて、夫婦で東京から新潟県五泉市の田舎(妻の実家)に移り住みました。
以前勤めていた会社で「エゴマ」と出会い、エゴマの可能性とその魅力に惹かれ、地元五泉市の山のふもとで、エゴマの無農薬栽培を開始したのが 「川上農園」 のはじまりです。

今では栽培からエゴマ油、エゴマ生キャラメルなどエゴマを使った様々な商品の開発・製造・販売までを一貫して行なっております。

手作りに想いを込めて

収穫したばかりのエゴマの種には、ゴミや汚れが付着してしまいます。 まずは水洗いし、細かい目の網で乾燥させ、そしてピンセットで細かいゴミを丹念に取り除きます。
また、エゴマを普及させるために考えた 『えごま生キャラメル』 は、ミルキーな風味とエゴマの香ばしさ、そして粒々の食感に大変好評をいただいている生キャラメルです。 しかしその出来上がりの見極めに神経を使います。 材料をナベに入れ1時間から1時間半かけて、ひたすら地道に手作業で撹拌し続けます。
こうした地道な手作業を経て作り出された商品には、何とも言えない感慨深い喜びがあります。

エゴマを地域の特産品に

エゴマにはα- リノレン酸という必須脂肪酸が豊富に含まれ、体内で DHA & EPA に作り変えられるため、健康に良い植物として昔は全国で栽培されていたそうです。
エゴマは、種を搾って油を抽出したり、種をそのまま煎ってふりかけにするほか、栽培途中の葉を摘み取って、焼肉を巻いて生で食べたり、乾燥させお茶にすることもできます。 まだまだ可能性を秘めている 『エゴマ』 そしてこのエゴマを栽培する仲間をもっと増やし、共に 『地域の特産品』 として 『エゴマ』 が普及するよう今後も努めたいと考えています。

新聞・メディアに紹介していただきました


2010-3-27付 新潟日報朝刊

2010-12-8付 農業共済新聞

2013-7-4付 新潟日報朝刊

種子の油絞ります! ~搾油サービスのご案内~

安心・健康な食用油の自給と地域活動を支援します

近年、環境や健康への関心が高まるなか、生産調整の拡大や担い手不足の深刻化などもあって、転作水田や放棄荒廃農地で景観作物としてナタネやヒマワリの作付が増加したり、エゴマや雑穀類の生産に取り組む人たちも増えています。

一方で、開花後の種子活用についてはいま一つの状況がみられ、花の時期が終わればそのまま、転作作物に指定されればそのまま、といった例も少なくないようです。

川上農園では、搾油機械を所有しておりますので、エゴマ、ヒマワリ、ナタネ、ツバキなどの種子搾油サービスを行っています。 機械の能力の関係上、大量の搾油にはお時間がかかりますがご相談ください。 もちろん少量のご依頼でもお引き受けします。

ぜひご活用いただいて、健康にも非常に良い食用油を自給し、余ったら販売して所得にもつなげるなど、地域の健康と活性化の取り組みをさらに拡げてください。

搾油対象作物 エゴマ、ヒマワリ、ナタネ、ツバキ など
搾油料金 種子 1kg あたり 500円 (容器代、送料、消費税は含まれていません)
※乾燥調製済み種子2kg からお引き受けします。
※1kg あたり 約300cc の油が得られます。
種子の条件 環境と健康に配慮する観点から、原則として無農薬栽培によるものとし、搾油機械の保全のため、十分に乾燥調製された種子とします。
お申込み・お届け 搾油のお申込みは、お電話0250-25-7220 またはFAX 0250-25-7220(tel 同番) にて
» お問い合せページ
お届け時期は、種子到着後1週間程度を目安にお願いします。
種子買取り ご希望により、余った種子の買取りも行っています。お気軽にご相談ください。

川上農園の会社概要&案内図はこちら

お問い合せ・ご注文は Tel. 0250-25-7220
ページの先頭へもどる